スーツさんの横国大推薦入試の面接が高評価な理由を大学教授に聞いてみた

皆さん、鉄道系YouTuberのスーツさんって知っていますか?

スーツさんは、

 

スーツ 交通 / Suit Train

スーツ 旅行 / Suit Travel

スーツ 背広チャンネル

 

という3つのチャンネルを運営していて

私も日々、楽しく視聴しています♪

 

私は、鉄道チャンネルの

「寝台特急サンライズ」のシリーズ

【シベリア鉄道経由】東京~ロンドン鉄道の旅

が、特に好きです。

 

動画内で時々使われてるBGMの

Only You Train Specialも大好きで、

仕事中によく聴いています。

 

スーツさんは、YouTubeで活躍されている一方、

横浜国立大学 経営学部 経営学科の

「推薦入試」に合格しているという経験の持ち主。

この時のエピソードは、スーツ 背広チャンネルの

 

 

↑の動画で紹介されています。

 

私はこの動画を、現役の大学教授でもあり、

入試の面接官の経験のある夫と一緒に視聴したのですが、

夫曰く

 

「これは自分だったら「合格」を出しちゃうね」

 

とのこと。

 

それでは、スーツさんの面接での

どのような部分が高評価だったのでしょう?

 

動画から感じられたスーツさんの推薦入試での様子と

それについて面接官(夫)が受けたという印象をまとめてみました。

 

この先を読み進める前に、

スーツ 背広チャンネルの

【推薦入試】適当に受けた面接試験で喋ったこと

を視聴するのをおすすめします!

 

 

スーツさん自身は「受かると思っていなかった」そう

 

スーツさんは推薦入試を受けた際、

 

そもそも受かると思っておらず適当に受験した

筆記試験で課された小論文4問のうち2問しかできなかった

 

という感じだった上に、

面接試験に関しても

 

何の準備もしていない

 

という状態で受験したのだそう。

 

うーん・・・。

面接の準備についてはともかく、

筆記試験の半分しか解答できなかったとなったら、

 

「これは落ちてしまったかもしれない」

「合格するのは難しいかも」

 

と感じてしまいそうなもの。

 

でも!

それにも関わらず、

スーツさんは見事に「合格」を勝ち取っているのです。

 

 

スーツさんの志望動機、ここがスゴイ!!

 

全く準備をせずに面接試験に挑んだスーツさん。

その時のエピソードの中で、

夫が注目したのは「志望動機」についてでした。

 

スーツさんは志望動機について

次のような話を面接官にしたようです。

 

もともと大学に行くことを考えていなかったので、

高校在学中は自分の好きな「鉄道」の事について調べて学んでいた。

その中で、

 

鉄道会社というものは鉄道だけを仕事にしてるのではなく、

街を作って不動産や観光まで手を広げている

 

エキナカのコンビニは民間コンビニの店舗単位の売り上げの2倍であり、

セブンイレブンよりも優秀である

 

JR北海道は経営が苦しそうであるにも関わらず実は黒字である

 

JR北海道が黒字である理由は

公的資金が入っていて、基金等の運用益が大きく血税で稼いでるからである

 

ということを知る事ができた。

 

大学に入ろうと思った理由は、

せっかく人から教わるなら、鉄道は自分で調べられるから、

自分が知らないことを学んで、自分の学びと統合させようと思ったから。

 

なぜ経営学科かという理由は、経営のことを知らないから、

広く浅くまずは学ぶために経営学科に入学し、

その先、興味が出てきたら進路を狭めていきたいと考えたから。

 

スーツ 背広チャンネル

【推薦入試】適当に受けた面接試験で喋ったこと

より引用・抜粋

 

それでは、この志望動機のどの部分が

面接官経験者である夫の心をつかんだのでしょう?

 

 

スーツさんの志望動機が素晴らしい理由

 

スーツさんの「志望動機」が素晴らしい理由について

夫が言うには

 

独学力が高い

理解力が高い

 

という事が伝わってくるのと同時に、

大学に入ろうという理由について、

 

主体的な自分の成長のため

 

というところに繋げて、

理路整然かつ面白く説明できている点だそう。

 

入試の面接で「志望動機」を聞かれた場合、

 

過去のきっかけ

個人的な興味

 

について話をするのはタブーだという考え方もあるようですが、

夫が言うには

 

「そこから志望動機につながるストーリーに一貫性があって、

相手を納得させられるだけのものがあれば大丈夫」

 

とのこと。

 

スーツさんの話は、

まさにこの点を満たしているため、

 

合格点

 

なのだそう。

 

自分の伝えたい事を理路整然と、

きちんと相手を納得させられる形で話ができる

 

というのは、とても大切なスキル。

これが身についている子については

 

「ぜひうちの大学に欲しい!!!」

 

と、夫は感じるそうですし、

事実、過去に「合格」にしたケースもあるとの事。

 

市販の「面接マニュアル」を参考にするのも悪くはありませんが、

そこだけにとらわれず、

 

伝えたい事を自分の言葉で理路整然と、

きちんと相手を納得させられる形で話をする

 

というトレーニングを積むのも大切!!

 

受験生のみなさんは、

ぜひこの点を意識してみてくださいね。

 

 

 

おわりに

 

スーツさんが横浜国立大学の推薦入試に合格できた

1つの要因は

 

伝えたい事を自分の言葉で理路整然と、

きちんと相手を納得させられる形で話をする技術

コミュニケーションスキル

 

にある可能性が大!

 

高校の成績も良かったようなので、

一概にこれだけが理由とは言い切れませんが。

 

このスキルは入試だけではなく

 

就職試験

社会人としての生活

子育て

 

においても大いに役に立つもの。

今から意識して身につけておくのがおすすめですよ♪

 

 

 

関連記事

 

入試の面接マニュアルで試験官が「?」と感じる4つのポイント

 

入試の面接は受験校のレベルによって求められる点が異なる!志望校に合った対策を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です