我が家が「家庭学習」で受験に挑戦した最大の理由

中学受験に挑戦する方の多くは

「塾に通う」という選択をすると思います。

 

実際、私の友人のお子さんも中学受験をした子は

だいたい塾に通っていましたし、

私が

 

「塾に通わないで中学受験にチャレンジする」

 

と周囲の人に告げると

例外なく驚かれたもの。

 

もちろん

 

「塾に行かせた方がいいのでは?」

 

という思いが

全くなかったわけではありません。

 

でも、敢えて

 

塾に通わない

 

という道を選んだ理由は

 

娘の自由を制限したくなかったから

 

一言に尽きます。

 

 

塾に通うとなると、

どうしても犠牲になってしまうのが

本人のプライベート。

 

「塾に行くから友達と遊べない」

「趣味の時間が確保しにくくなる」

 

という事態が生じてしまいやすくなりますし、

学校行事などで疲れ切り、

勉強に身が入る状態ではなかったとしても

塾に行く日であれば

 

否が応でも通塾しなければならない・・・

 

ということも起こり得ます。

 

そのような状況に娘を置きたくなかったのと同時に、

本人もそれを全く望んでいなかったのです。

 

反面、

家庭学習で受験勉強を進めていけば

本人の予定やコンディションに合わせて学習計画を組め、

臨機応変に変更も可能なため、

 

我が家にとって一番理想的な形なのではないか

 

と考え、

「塾に行かないで受験勉強をする」という結論に至りました。

 

その結果、

娘は、入試直前までプライベートと受験勉強を

しっかり両立させることができていました。

(入試まで1週間を切った時期も普通に友達と遊んでいました)

 

もしかしたら、塾に行かせていれば

残念ながら不合格になってしまった

県立中・国立中にも合格できたのかもしれませんが、

 

多大なストレスを溜めてしまっていた

 

という可能性は否めないと思いますし、

入試を終えた娘本人も

 

「家庭学習を選んで本当に良かった♪」

「楽しい思い出をたくさん作れた!」

 

と、

言ってくれているので、

我が家にとって

 

最良の選択

 

だったと自負しています。

 

 

【塾なし中学受験】に関する他の記事は

コチラから読めます♪

 

 

★広告です★

娘の「算数の実践力」は

これ1冊で身につきました♪ 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です