【中学受験】入試直前になってもゲームを一切禁止しなかった理由

中学受験にチャレンジするご家庭では

 

「受験が終わるまではゲームは禁止!」

「親がアプリでプレイ時間を管理する!」

「タブレットやスマホをを取り上げた!」

 

など、

ゲームに関して「制限」をかけているケースが多いようです。

 

でも、

我が家に関しては・・・

 

全く制限しなかったばかりか、

アプリで監視することもしませんでした!!!

 

それどころか、

小5の秋にNintendo Switchを、

小6の秋にスマホを買い与えましたし、

本人の部屋には専用のPCもあるほど。

 

これらの利用については

 

1日の勉強のノルマをクリアし、

睡眠時間に影響しない範囲であれば自由に使って構わない

 

という最低限のルールだけ課し、

基本的に自由にさせていました。

 

もしかしたら

 

「非常識!」

「無責任な親だ」

 

感じた方もいるかも知れませんが、

これには

 

私たちなりの深い理由

 

あったのです。

 

 

子どもたちが大好きなゲーム。

それを頭ごなしに「禁止」をしたり、

本人が納得できない形で「制限」をしたところで・・・

 

既に思春期に突入している

10代の子どもが素直に従うでしょうか?

 

確かに親の前では

「叱られるのが怖い」という思いが働いて

あからさまにルールを犯すことはないかも知れません。

 

でも・・・

親の目の届かないところではどうでしょう?

 

隠れてゲームをしてしまうのではないでしょうか???

 

逆に、

 

「最低限のルールさえ守れば、あとは自由にゲームをしてOK」

 

としておけば少なくとも

 

「親の目を盗んでゲームをする」

 

という必要はなくなりますし、

いつでもゲームができるという環境があることにより、

 

ゲームに対する「執着心」が薄くなる

それほど長時間プレイをしない

(ほどほどのところでやめられる)

 

という感じに!

 

少なくともうちの娘に関しては

「ゲームばかりをして勉強をしない」という状態にはならず、

 

ゲームと上手に付き合いながら受験勉強ができていた

 

ように思います。

 

「ゲームを禁止しても隠れてプレイしてしまう」

「ゲームの事でいつも子どもと言い争いになる」

 

というお悩みを持っている方は、

いっそのこと、

 

最低限のルールだけ課す

 

というように

路線変更してみるのも良いかもしれないですよ!

 

 

【余談】

うちの娘は入試の2日前に、

マインクラフトでTNTの4連キャノンを完成させていました(笑)

 

 

【塾なし中学受験】に関する他の記事は

コチラから読めます♪

 

 

★広告です★

 

娘はこれで「物理」の苦手を克服しました。

マンガを読むだけで学べる優れモノですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です