娘の「国語力」は小1から続けていた「公文」で鍛えられた

中学受験に挑戦することを決めた小4の時点で、

娘の国語の成績はかなりのものでした。

 

具体的に言うと、

 

150点満点の模試で120点前後を取り、

それを2年半の間キープできていた

 

という感じ。

 

この「国語力」をどのように身につけたのかというと、

小1~小4の夏まで続けていた

 

公文の国語

 

が、

大きなウェイトを占めていると思われます。

 

 

小学校に入ったばかりの頃、

 

「お友達と一緒に通いたい!」

 

という理由だけで習い始めた公文でしたが、

週2回の教室に加え、

自宅でも毎日宿題のプリントを解き、

徹底的に「国語の基礎」を鍛えた結果、

それが

 

盤石な実力

 

となって

娘にしっかり定着したおかげで

常に安定した成績を維持できていたのだと感じます。

 

もちろん「ワンランク上」の実力は

 

 

↑ で身につけましたが、

基礎力があったおかげで

さほど苦もなく「学力アップ」をさせることができました♪

 

もし「国語」の成績が伸び悩んでいるのであれば、

「公文の国語」をやってみるのも良いかもしれません。

徹底的に「国語力」を鍛えてくれるはずですよ!

 

公文のウェブサイトはコチラ

 

【塾なし中学受験】に関する他の記事は

コチラから読めます♪

 

★広告です★

 

娘はこの1冊だけで

「ワンランク上の国語力」を身につけました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です