【教授のコラム】「大学に行くのが結局お得」は本当か(後編)

 

前回記事である

 

【教授のコラム】「大学に行くのが結局お得」は本当か(前編)

 

において、

学歴別(高卒、大卒など)で将来の年収に差が出るのかどうか

という点について考察してみた結果、

Fランクの大学卒ですら高卒よりも年収は高くなる

という事実が見えてきていることが分かりました。

 

それでは、同じ大卒でも、

偏差値の異なる大学間では年収に差が出るのでしょうか?

 

この疑問に対しては、実際に研究がいくつも行われており、

現時点での結論としては、

「大学の違いは関係ない」

ということが分かっています。

 

しかし、前回記事でご紹介した表を見てみると、

明らかにFランク大学よりも早稲田などの高偏差値大学の方が、

平均年収が上になっています。

 

これはいわゆる、

「高い年収を稼げる優秀な学生が高偏差値大学に入っているから」

という理由によるものである、という解釈になっています。

 

実際の研究では、例えば双子を対象に研究を行うことで、

「元々の遺伝的な能力値は同じ」という前提で、

異なる大学に進んだ双方の双子に対して、

年収が違ったかどうかを確認しています。

結果として

「差は認められなかった」

ということでした。

 

これは海外の有名な論文でも

http://jhr.uwpress.org/content/49/2/323.short

日本での論文でも

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009731707

同様の結論に至っています。

 

よって、感情論を排除した上での現時点での結論としては、

 

「高卒より大卒の方が、将来の年収が高くなる可能性は高い」

「偏差値の高い大学に入っても、将来の年収は変わらない可能性が高い」

 

ということになります。

 

貧困の連鎖から抜け出すには、

やはり少なくとも大卒の資格は取っておきたい、

ということになりそうです。

 

 

この記事は

現役大学教授である夫が執筆したものを、

私、山中みさとが編集・公開したものです。

 

「教授のコラム」の他の記事はコチラからチェックしていただけます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です