【公立校と私立校の違い】私立中って毎日お弁当?親の負担が大きいのでは?

娘が私立中に入ってから

よく言われることのひとつが

 

「私立って毎日お弁当でしょ?大変じゃない?

 

ということ。

 

確かに

 

給食=公立校

 

というイメージが強いですし、

地域の給食センターが供給しているのは

公立小・中学校の給食のみ。

 

このような現実から考えると

 

「私立校は毎日お弁当だから親は大変」

 

と、

考えるのは無理もない事なのかもしれません・・・。

 

 

 

 

娘の通う私立中学校は「給食」です!

 

うちの娘は中高一貫の私立校に通っていますが、

併設されている高校の学食が

中学生用の給食を作って提供してくれるので

 

中学校3年間は給食

 

です。

 

全体的に見ると、私立中の場合は

「お弁当持参」の学校の方が多いのかもしれませんが、

中には、娘の学校のように

 

中学生のうちは給食

 

という学校もあるので、

「私立中=お弁当」と決めつけず、

きちんと調べてみるのをおすすめします!

 

娘の学校の中等部は、各学年2クラス。

3学年合わせても300人に満たない小規模校なので

学内で給食を賄えるのではないかと思います。

 

 

私立だからといって給食費が高いわけではない

 

「私立中だけど給食が出る」

 

という話をすると、

今度は、

 

「私立の給食って高いんじゃない?」

「給食費が公立の倍くらいするイメージ」

 

と言われてしまうのですが、

決して給食費が高いわけではなく、

 

月々4000円台

 

という感じで、

公立小学校に通っていた時と同水準。

「私立だから高い」という感じでは決してありません。

 

 

 

「私立=高くて大変」と思い込まず情報取集するのが大切

 

 

以前に執筆した

 

【公立校と私立校の違い】私立中の学費は本当に割高?

 

【公立校と私立校の違い】私立の制服は高いってホント?

 

でも触れましたが、

多くの人は

 

私立=高くて大変な上、親の負担も大きい

 

というイメージを抱いているようです。

 

中には、そのイメージに違わない学校もあるかもしれませんが、

実際、娘が私立中に入学してみて、

私、個人的には

 

私立だからといって必ずしも莫大なお金がかかるわけではなく

特別、親の負担が大きいわけでもない

 

と感じています。

 

私立校の場合、

各学校のウェブサイトやパンフレット、募集要項などに

 

3年間にかかる経費が明記されている

 

場合がほとんど。

 

それをしっかりチェックして

 

公立校に進学する場合の経費との差を確認する

 

のが大切です。

 

そうすると

 

「え、こんなものなんだ」

「思っていたより高くない!」

「❛公立校+塾❜よりも安いかも」

 

というような

発見があるかもしれませんよ★

 

これを読んでくれた皆さんの中の

「私立校=高くて大変」というイメージが払拭され

進学のハードルが下がってくれたら嬉しいです。

 

 

★情報収集のファーストステップはコレが便利★

 

 

 

「娘が私立中に進学して感じた公立校との違い」の他の記事はコチラ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です