【中高生におすすめ】コロナ休校中に読んでおくべき「古典作品のマンガ」

古典作品のマンガを読むと

 

古文の成績アップにつながる可能性大!

 

というのをご存知ですか?

 

 

古文のテストでは

 

分からない単語がある

正しく現代語訳ができない

問題が解けず点数が下がる

 

という事が起こりがち・・・。

 

ですが!

ストーリーを知っている作品が出題されると

 

単語の意味が分からなくても

ある程度推測することができる

問題を解くことができる

 

となり、

 

成績アップ

 

につながるのです!!!

 

 

最低限読んでおくべきは『源氏物語』と『枕草子』

 

古典の作品は無数にある上に、

マンガ化されている作品も最近は増えてきているので

その全てを読むのは大変です・・・。

 

その中でも、

私が最低限読んでおくべきと思うのは、

多くの教科書でも扱われていて、

入試や模試などでの出題頻度が高い次の2作品!

 

源氏物語

 

サクっと読みたい方にオススメなのはこの3つ

 

 

 

 

 

ストーリーを楽しみたい方は『あさきゆめみし』がおすすめ♪

 

山中は高2の時の担任の先生に勧められてこの作品を読み、

大学で『源氏物語』を専攻したほど影響を受けました。

 

通常授業が行われている時期に全てを読むのは大変ですが

コロナ休校中の時間をりようして「読破」してみては???

 

 

『あさきゆめみし』から派生した参考書もあるほど!!

 

 

 

枕草子

 

枕草子の中でも

 

「日記的章段」

 

と呼ばれる、

中宮定子に仕えた際の生活を描写した部分は

特によく試験によく出題されるので

マンガで内容を把握しておくのが大切です★

 

 

 

 

山中のおすすめ!

 

 

余裕があればこちらの作品も★

 

余裕がある場合はこちらの作品も読んでおくと◎!!!

 

『宇治拾遺物語』

『竹取物語』と一緒に『宇治拾遺物語』も収録されています

 

『平家物語』

 

『徒然草』

 

 

『伊勢物語』

 

『紫式部日記』

 

『更級日記』『蜻蛉日記』

 

 

 

おわりに

 

「机に向かって勉強」という気にならなくても

 

マンガを読む

 

というだけなら

「娯楽」の延長としてトライしやすいはず。

 

休校中の時間を有効活用し、

楽しくラクに「古文の成績アップ」にトライしてみませんか??

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です