『はたらく細胞』は中学受験・中学理科に超有効!山中の娘はコレで苦手克服しました★

『はたらく細胞』という作品をご存知ですか?

 

『はたらく細胞』は『月刊少年シリウス』に連載されていたマンガで、

 

宝島社『このマンガがすごい』で7位にランクイン(2016年)

TOKYO MXなどでアニメ化(2018年・第一期)

 

という実績もある人気作品です。

 

マンガやアニメが大好きな私は、

完全に自分の「趣味」として作品に触れていたのですが、

当時小学校高学年だった娘にも作品を薦めたところ

 

理科の成績が大幅アップ

 

したのです!!!

 

 

どうして「理科」の成績が上がるの?

 

『はたらく細胞』は

 

人間の体内の細胞が擬人化された

 

という設定で

ストーリーが展開される作品。

 

つまり、

 

中学受験・中学校で必要とされる

理科(生物分野)の知識をしっかりカバーしている

 

上に、

 

様々な細胞が「擬人化」されているため

それぞれの細胞の働きがとても分かりやすい

 

のです!!!

 

しかも「マンガ」「アニメ」という形式であるため

本人の負担が少なく

 

娯楽の延長

 

という感じで知識を身につけられる点も◎!!!

 

 

山中娘の「中学受験」に大いに役立つ

 

 

現在、中学1年生の娘は中学受験を経験したのですが、

「理科」の「ヒトのからだ」の単元が苦手でした。

 

小学校で扱う内容については理解できていたものの、

中学受験においては

 

教科書を超えた内容も出題されることがある

 

ため、

学校で詳しく教わっていなかった

 

血液循環(体循環と肺循環)

赤血球・白血球・血小板などのはたらき

 

を覚えきれず、

模試で点数をロスしていたのです・・・。

 

そのような中、

 

「もしかしたら勉強に役に立つかもしれない」

 

という思いから、

『はたらく細胞』のマンガを薦め、

録画してあったアニメも一緒に視聴したところ、

 

「おもしろい!!!」

 

と、一気にハマってしまった娘。

 

単行本を読み終え、

アニメも1クール分見終えた頃には

 

すっかり苦手を克服!!!

 

その後はむしろ「得意分野」と化してくれました★

 

実際、入試本番でも出題されたようなのですが

「自信を持って答えられた!」とのこと。

 

 

「机に向かう」だけが「勉強」ではない!

 

保護者のみなさんの中には

「勉強にマンガやアニメを用いること」

不安を感じてしまう方もいるかも知れません・・・。

 

確かに「問題演習」を行うことも大事ですので、

度が過ぎてしまうのは考え物だと思います。

 

でも、

 

テキストの文章では理解できないことも

「マンガ」や「アニメ」の形になると理解しやすい

 

「勉強」に対するハードルが下がる

 

というメリットがあるのも事実。

 

テーマによってはマンガやアニメも勉強に役立つ

 

という点を理解し、

上手に活用するのも「手」だと思います。

 

 

おわりに

 

 

 

 

小・中学生の「理科」の勉強に役立つ

『はたらく細胞』ですが、

 

2021年1月からアニメ第二期の放送が決定

 

しています★

 

詳しくは

 

TVアニメ「はたらく細胞!!」

 

のサイトをチェックしてみてください♪

 

単行本はAmazonでも購入できるので

休校中の時間を活用して楽しむのもおすすめです!!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です