学校再開前後の子どもの様子にご注意を!心を救うのに役立つ記事などをまとめてみました

一部地域を除いて緊急事態宣言が解除された今、

これまで長い間「休校」となっていた学校が

再開される目途が立ってきているようです。

 

学校再開を喜んでいるお子さんがいる一方、

中には、様々な理由で

 

「学校が始まるの嫌だな・・・」

「教室に入るのが辛いな・・・」

 

と、

憂鬱な気持ちになっている子もいるのではないかと思います。

 

今回の臨時休校措置はとても期間が長かったため、

 

長期休み終了前後の時期と同様、

「学校が辛い」と感じているお子さんの心が

追い詰められてしまう危険性が大!!!

 

そこで、そのようなお子さんの心を救うのに役立ちそうな記事を

 

プラチナのたまごの過去記事

外部サイト等で山中がおすすめしたいもの

 

から抜粋してまとめてみました。

 

ほんの少しでも

「学校が辛い」と思うお子さん、

それを見守るご家族の方のお役に立てれば幸いです。

 

 

プラチナのたまごの過去記事

プラチナのたまご

長期休み明け子どものSOSサインを見逃さないで!大切な我が子の命を守るために

 

これは保護者向けに執筆した記事。

 

中学校の3年間、

酷いいじめに遭っていて

 

学校が辛い

死んでしまいたい

 

と、

思いつめた経験がある私が、

 

子どもの「SOS」を疑うポイント

「学校に行きたくない」と言われた場合の対処法

 

をお伝えしています。

 

 

長期休み明け学校に行くのがツライあなたへ ~山中からのメッセージ~

 

これは

 

「学校が辛い」

 

と感じているお子さんに向けて、

私、山中が執筆したものですが、

 

中学校3年間、酷いいじめを受けていて

「学校が辛い」と感じていた私が無理に登校し続けたところ、

どんな結果を招いてしまったか

 

についても言及しているので、

ぜひ保護者の方にも読んでほしい記事でもあります。

 

 

山中がおすすめしたい外部サイトの記事・本

 

 

共同メッセージ「学校へ行きたくないあなたへ 味方はココにいます」

 

これは「不登校新聞」というサイトが

「学校に行きたくない」というお子さんに向けて無料で発表してくれているもので、

 

茂木健一郎さん

 

尾木直樹(尾木ママ)さん

 

故・樹木希林さん

 

東ちづるさん

 

家入一真さん

 

をはじめとする

数々の著名人の方がメッセージを寄せてくれています。

 

 

中川翔子さんの本

『死ぬんじゃねーぞ いじめられている君はゼッタイ悪くない』

 

 

「いじめ」が原因で学校に行くのが辛いのなら、

ぜひ手に取って読んでほしい本です。

 

私はこれを発売と同時に購入して読みましたが、

 

学校が辛くてどうしようもなかった中学時代に

この本に出会っていたら、きっと人生が変わっていた

 

とさえ思いました。

 

お子さんはもちろん

保護者の方にも読んでほしい1冊です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です