「心の不調」は早めに受診!山中は早期受診のおかげで1年で完解しました

今、「コロナ鬱」と呼ばれる症状で苦しんでいる方が多いと聞いています。

 

私自身も、緊急事態宣言発令中に気分の落ち込みに襲われ、

その経験を

 

コロナ鬱?山中のStayHome中の気分の落ち込みを解消してくれた7つの方法

 

鉄不足で心身の不調?絶不調に陥った山中が鉄を積極摂取した結果・・・

 

という2つの記事に書かせていただきました。

 

セルフケアでメンタルが回復できれば

それほど深刻ではないと思われますが、

 

2週間経っても状況が改善しない

どんどんと酷くなっていく

 

のであれば、

放置しておくのはとても危険!!!

 

できるだけ早いうちに

 

心療内科

精神科

 

を受診するのがおすすめですが、

 

「心療内科や精神科は敷居が高い」

「受診するのに勇気がいる」

 

など、

ためらいを感じてしまう方も多いのではないかと思います。

 

でも!

 

過去に心療内科を早期受診したおかげで

「うつ」が1年で完解した経験がある私は

 

絶対に早めに受診した方がいい!!

 

と、声を大にして言いたいです。

 

そこで今回は、

私が約15年前に「うつ」で心療内科にかかっていた時の

 

治療開始から完解までの経緯

薬の服用期間と副作用

 

などの体験談をお話ししていきたいと思います。

この記事が「心療内科」「精神科」受診のハードルを下げることができたら嬉しいです。

 

 

心療内科を受診するまで

 

約15年前、私は図書館司書として働いていたのですが、

仕事上の大きなストレスを抱えたことがきっかけで

 

気分の落ち込み

 

が、

1日中続くように・・・。

 

それまでは多少のストレスがあっても、

美味しいものを食べたり友達と遊んだりすることで

それほど引きずらずに解消できていたのですが、

この時は「ストレス解消」をするための気力すら起こりませんでした。

 

ストレスを抱えたまま、

職場と自宅を往復しているうちに、

 

「自分は何て無能な人間なのだろう」

「生まれてこないほうが良かったのではないか」

 

といった、

自分自身の存在を否定するような思いがよぎるようになった上に、

 

食欲がなくなる

お腹の調子が悪くなる

不眠

 

などの、

身体症状まで現れるようになってしまい、

 

「このままではヤバい!!!」

 

と感じた私は、

職場の近くにあった心療内科に電話をし、

初診の予約を取ったのです。

 

 

心療内科の初診はこんな感じ

 

心療内科の初診では、

診察の時間は1時間くらいとられたと思います。

 

まず、

今現在の症状を聞かれた後、

 

家族のこと

成育歴

心理テストのような質問

 

などの問診を受け

その後、

 

「一般的にいう「うつ」の状態であると思われる」

 

という診断と、

今後の治療方針について説明をされました。

 

私の場合、

 

「これほど早い段階で受診してくれる方は珍しい」

 

と言われたほど、

「うつ」の程度は軽かったため

 

半年~1年を1つの目安として服薬治療をしていく

 

最初のうちは週に1度の受診

→状態が落ち着いていくにつれて通院頻度は下がっていく

 

という形で治療を続けていくことに。

 

 

私が処方されたのはこの薬

 

私が「うつ」の治療で服用していたのは

 

レキソタン

ドグマチール

 

の2種類。

 

最初のうちだけ、睡眠薬の

 

マイスリー

 

も処方されていましたが、

比較的早い段階で睡眠のリズムが整ったので

すぐに処方が中止になりました。

 

 

通院頻度は週1→3週に1度までに

 

最初のうちは週に1度のペースで通院をしていましたが、

状態が落ち着いていくにつれて頻度は減っていき

私の場合、最終的には

 

3週間に1度

 

に落ち着きました。

 

毎回の診察は問診が中心で

だいたい20分~30分ほどの時間をかけて

 

体調やメンタルの調子について

薬の副作用は酷くないか

 

などの症状に関する質問もされましたが、

 

軽い雑談

 

をしている時間が長かった記憶が強いです。

(きっと大切な診察の一環だったのだと思います)

 

私の場合、先生との相性が良かったのか

 

診察の時間が結構楽しかった

 

のと、

薬がよく効いて、

 

メンタルの辛さが早い段階で緩和されていた

 

ため、

通院は全く苦にはなりませんでした。

 

 

メンタルの薬は「太る」という噂があるけれど・・・

 

ネットでは

 

「メンタルの薬を飲むと太る」

 

と言われているようです。

 

当時、そのことを全く知らずに薬を飲んでいましたが、

私の場合は

 

特に太るという事はなかった

 

ように思います。

 

服用開始1ヶ月目くらいまでは

 

強い眠気と倦怠感

→布団から起き上がるのが困難で通院以外の外出は不可能な感じ

 

がありましたが、

それも徐々に緩和されていき、

3~4ヶ月目くらいには

普通に日常生活を送れるレベルにまで回復していました。

 

 

服用開始半年くらいで「減薬」が始まる

 

「早期受診」したのが良かったのか、

私の場合、服用開始半年くらいから

 

減薬

 

が始まりました。

 

1度に飲む薬の量が少しずつ減っていき、

3~4ヶ月くらいかけて「ゼロ」の状態に。

 

その後、

薬を服用しない状態で2~3ヶ月通院し、

 

「もう定期的な受診は必要ナシ(いわゆる完解)」

 

との診断を受け、

病院を卒業しました。

 

 

「早期受診=早期完解」の可能性大!

 

通常「うつ」の患者さんは

年単位で治療を受けるケースが多いそうなのですが、

私の場合、

 

早い段階で受診したのが早期の完解につながった

 

と思われますし、

当時お医者さんも

 

「みんながこれくらい早く受診してくれればね・・・」

「もっと悪化してから受診する人が多いんだよね・・・」

 

と言っていた記憶があります。

 

受診をためらっているうちに症状はどんどん悪化し、

その分、治療期間も長くなってしまう可能性が大なので、

 

心の不調が2週間以上続いたら勇気を出して受診

 

するのを心からおすすめします。

それが「早く治る」ための近道ですよ★

 

 

おまけ:メンタルドクターSidow先生の動画は超オススメ

YouTuberとしても活躍されている現役精神科医の

メンタルドクターSidow先生の動画もチェックしてみてください。

きっと受診のハードルが下がると思いますよ♪

 

Sidow先生のチャンネルはコチラ

 

山中おすすめの動画↓

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です