「学校が辛い」と言われたら?スムーズに解決するための3つのステップ

長期休み明けに多く聞かれるのが

お子さんが

 

「学校に行きたくない」

「学校が辛い」

 

と言い出すというお悩み。

 

その言葉を、

何の前触れもなく受け止める親からすると、

 

「突然何があったのだろう?」

「いじめにでも遭っているのであろうか?」

 

という不安や

 

「突然そんなこと言われても困る」

「仕事を休むわけにはいかないのに・・・」

 

という困惑など、

様々な感情が入り混じり、

すぐには冷静に対処できないことも多いのではないでしょうか。

 

私には

現在中学1年生になる娘がいますが、

彼女は「ひといちばい敏感な子」であるがゆえ、

これまで、年に1~2回は

このような事態に直面していました。

 

最初のうちは、

「学校が辛い」と言われるたびにオロオロとしていた私ですが、

回数を重ねるにつれ、私なりの対処法を見出すことができ、

トラブルの大小に関わらず、比較的スムーズに対処できるように!

 

そこで今回は、

私、山中が日々の子育てで会得した

 

子どもの「学校が辛い」をスムーズに解決できる3つのステップ

 

をご紹介していきたいと思います。

 

必ずしも私の方法が正しいわけではないと思いますが

1つの例として参考にしていただければ幸いです。

 

 

「学校が辛い」を解決する3つのステップ

 

本人の話を聞く

 

これは多くの親御さんがやっている上に、

至極当然の事だと思うので、ここでは詳しく触れません。

 

ですが、

 

子どもの話を途中で遮る

本人の発言を否定するようなことを言う

 

のは控え、

 

子どもの話を最後まで聞くようにする

 

のが大切なように思います。

 

また、

発言が「事実かどうか」よりも

「本人が感じた気持ち」に寄り添いながら聞くと

子ども本人も安心して話ができるようです。

 

 

「着地点」を探る

 

子どもの話を聞き終えたら

次に「着地点」を探っていきましょう。

 

もちろん、

トラブルや悩みの種類によっても異なってきますが、

 

「どのような状況になれば安心して学校に行けるか」

 

を聞いてみると

その後の解決策を考えやすくなると思います。

 

でも、

 

「どうしても学校に行くのは無理」

「現時点では登校するのことは考えられない」

 

という場合は、

登校するように説得するよりも、

本人が無理のない範囲内で「学校と繋がる」方法を模索していくほうが

結果的に「長期的な不登校」につながりにくいように感じます。

 

 

学校にどんなサポートをお願いするかを考える

 

 

「着地点」を探ることができたら、

学校にどんなサポートをお願いするかを具体的に考えましょう。

 

ここではいくつかの例をあげてみたいと思います。

 

例1

 

お友達との間でトラブルが起こっていて、

それが解決できれば安心して登校ができる

担任の先生に間に入ってもらって

スムーズにトラブル解決ができるようお願いする

 

 

例2

 

クラスメイトから嫌がらせをされていて

それが収まったら登校できる

嫌がらせをしている子どもに事情を聞いて

それが「事実」であれば指導をしてほしい

 

事実かどうか曖昧な場合は

子ども達の様子を注意して見てもらって、

何かが起こった場合はすぐに対処してほしい

 

 

例3

 

クラスで孤立をしてしまっていて辛いけど

仲のいい友達ができれば登校できる

大げさではない感じで、

本人が友達の中に入っていけるサポートをしてほしい

 

 

例4

 

明らかないじめに遭っていて

教室に入るのは無理だけど

他の生徒と顔を合わせない形なら登校できそう

いじめの具体的な解決をお願いするのと同時に、

保健室などの別室に登校させてもらえるようお願いする

 

 

先生に相談するのは3つのステップをやった後のほうが◎

 

 

学校の先生と具体的な話をするのは

先ほどお話した「3つのステップ」を実践してからの方が

圧倒的にスムーズに話が進むように思います。

 

これらのステップを踏まずに

「子どもが学校に行きたくないと言っている」とだけ連絡してしまうと、

 

学校主導の「解決策」を提示されてしまう

 

というリスクが生じてしまいます・・・。

 

もちろんその方法でうまくいくケースもあると思いますが、

 

本人の話を聞かずに無理矢理登校を促される

子どもが望んでいない方向での解決策を提示される

 

という事態を招いて、

より悩みが複雑化してしまう危険性も・・・。

 

やはりスムーズに解決するためには

「3つのステップ」をしっかりと踏んで、

 

子ども本人が望んでいる方向で解決を図る

 

というのがおすすめ。

 

ちょっと大変かもしれませんが、

ぜひ一度試してみてください。

 

 

登校直前に「学校が辛い」と言われたら・・・

 

私の経験上、

子どもが

 

「学校が辛い」

「学校に行きたくない」

 

と言うのは

「登校直前」であることが多いように思います。

みなさんのお宅でもそのような傾向があるのではないでしょうか?

 

この「3つのステップ」は、

子どもとじっくり話をする必要なあるため、

学校に行く前の短い時間だけで済ますには不十分ですし、

話をろくに聞かず、無理に登校させてしまうのは

 

その後の信頼関係にも影響してくる

 

ようにも思えるので避けたいところ・・・。

 

そのような時、

我が家は「学校をお休みさせる」ようにしています。

 

学校には

 

・本人が「学校が辛い」と言っている

・しっかり話を聞くための時間を持ちたいので今日はお休みさせたい

・無理に登校させるのは本人との信頼関係に関わるので避けたい

・本人としっかり話ができたら学校にも報告した上で相談したい

 

と、

事実をそのままお伝えしていますが

いつも快く理解していただけています。

 

「仮病」などを使ってしまうと、

それが露見してしまった時、

学校との信頼関係が崩れてしまうと思われるので

避けたほうが良いと思います。

 

出勤する必要のある親御さんにとって

「急な欠席」は大変かもしれませんが、

 

欠席させてしっかり話を聞く時間を取る方が

「早期解決」につながりやすい

結果的に仕事への影響も少なく済む

 

ように思われますので、

可能な範囲内でお子さんのために

時間を確保するのがおすすめです。

 

 

おわりに

 

この「3つのステップ」は、

私自身の経験からまとめたものですが、

 

友人のお子さんもこの方法で不登校にならずに学校に戻れた

 

という経験もありますし、

うちの娘については

 

翌日には学校に戻れた

 

というケースも何度かあったほど。

 

先にもお話したように

「これが正解」というものではないですが、

 

スムーズに解決できた前例が複数ある

 

という意味で、

ぜひ参考にしていただければ嬉しく思います。

 

 

関連記事

 

長期休み明け子どものSOSサインを見逃さないで!大切な我が子の命を守るために

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です