【不登校日記】積極的な外出はプラスになっているかも

前の記事はコチラ

 

現在、娘の登校頻度は週1~2程度。

スクールカウンセラーの先生のカウンセリングを受けつつ、

少しずつ「できること」を探っていっている感じです。

 

そのような中、

カウンセラーの先生の勧めもあり、

意識的に行っていることがあります。

 

それは

 

積極的に外出の機会を持つ

 

ということ。

 

登校しない日は

基本的に家で過ごしている娘なのですが、

室内にこもりがちだと

 

体力の低下が心配される

生活のリズムを崩しがち

気持ちが塞いでしまいやすい

 

など、

あまり良いことがない模様・・・。

 

そこで娘と相談の上、

あくまで「学習の範囲を逸脱しない」という条件の下、

積極的に外に出かけることにしたのです。

 

現状、娘と一緒に赴いたのは

 

裁判所(裁判の傍聴)

動物公園

科学館

水族館

 

といったところ。

 

この先は

 

博物館

美術館

図書館

 

にも行く予定です。

 

これらの施設をレジャーで訪れるのではなく

必ず「学習につながる目的」を持って回るのがコツ。

 

1回のお出かけの所要時間は1~3時間ほどですが

外出をするようになってから、

本人が明るくなったのに加え、

 

プラス思考になる

寝つきが良くなり生活のリズムが整う

勉強にも身が入るようになる

 

など、

明らかに良い変化が!

 

娘がまとまった日数、学校に通えるようになるのは

まだ時間が必要そうですが、

それまでの間は、このような外出の機会を積極的に持って

心身の健康を保っていきたいと思います。

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です