【不登校日記】カウンセリングを受けて本当によかった!

前の記事はコチラ

 

今は、多くの学校に

「スクールカウンセラー」の先生が配置されていると思います。

 

娘の学校の場合は週に2回程度、

カウンセラー(臨床心理士)の先生がいらっしゃり、

親子それぞれがカウンセリング受けることができます。

 

不登校児が学校でカウンセリングを受けることについては

様々な意見がありますが、私個人としては

 

カウンセラーの先生とつながりを持てて良かった

 

と感じています。

 

カウンセラーの先生は、

親・先生・本人とは違った「第三者」の立場で関わってくれるので、

これまで誰も考えつかなかったアプローチを提案してくれますし、

子どもと親について、

 

「思考の癖」を良い方向に導いてくれる

心の中に渦巻いている「不安」を取り除いてくれる

先生との間に入って「解決策」を提案してくれる

 

など、

本当に頼りになる存在。

 

カウンセリングを受けるようになってから、

ビックリするほど本人が前向きな思考になるのを感じられました。

 

娘からすると

 

「味方になってくれる大人が増えた」

 

といったところでしょうか。

 

私自身も、

娘との接し方で悩んでしまった時などアドバイスをいただいたり、

心が疲れてしまった時に話を聞いてもらえたりと、

とても心強い存在だと感じています。

 

カウンセラーとの相性の問題もあるので、

「カウンセリングは絶対に受けるべき」とは思いませんが、

事態を好転させる1つの案として、

「お試しで一度だけ受けてみる」のはアリだと感じます。

 

お子さんがカウンセリングを受けられない場合は

親御さんだけ受けてみるというのも有効だそうです

 

ちなみに、

臨床心理士さんのカウンセリングを私的に受けるとなると

結構なお金がかかってしまいますが、

多くの学校では

 

無料

 

で受けられるようですので、

ぜひトライしてみるのをおすすめします。

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です