【不登校日記】学校からの電話に一線を引いて対応することにした

前の記事はコチラ

 

【不登校日記】出欠の連絡はメールにさせてもらってます

 

の記事でも触れたように、

我が家の場合、

毎日の出欠連絡についてはメールにさせてもらっていますが、

放課後は毎日、担任の先生から電話がかかってきます。

 

電話がかかってくる時間はまちまちで、

早い時は16時台、遅い時だと19時台という感じなのですが、

毎日、この電話を待っている時間が

地味にストレスになっていました。

 

先生が忙しい仕事の合間を縫って

わざわざ電話をかけてくれているのは重々承知しているので

できるだけきちんと対応したい気持ちはあるのですが、

毎日、夕方になると

 

「着信音を聞き逃してはいけない」

 

と、

神経を尖らせてしまっていたり、

家事や仕事が手につかない状態になってしまうのに

心身共に疲れ切ってしまったのです・・・。

 

うちの娘の学校は土曜日も授業があるので、

週6日もこの状態が続くのは

さすがにしんどいと思い、

夕方の電話対応に、次のようなマイルールを設けてみました。

 

先生からの着信は気付けなくてもかけなおせばOK

 

18時30分までに着信に気付いたらかけなおすが、

それ以降に気付いた場合はかけなおさない

 

18時30分以降は着信音をミュートにする

先生にはあらかじめ

「18時30分以降は電話対応が難しい場合もある」と伝えておく

 

夕方の緊張がゼロになったわけではないものの、

一線を引いて対応するようにしただけで、

ほんのちょっと気持ちがラクに。

 

おそらく長期戦になるであろう娘の不登校。

(卒業まで続く可能性もあると覚悟してる)

 

何から何まで「完璧」を目指していたらこっちの身が持ちません・・・。

ある程度、自分で「一線」をひいて、

自分のメンタルも大切にしながら、

うまーく、学校と付き合っていきたいなと思っています。

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です