【不登校日記】「なるようになる」と腹を決める

前の記事はコチラ

 

 

【不登校日記】私立中に入学したことに本人も親も後悔はナシ

 

の記事でも書きましたが、

今後よほどのことがなければ、

在籍している中学校にお世話になろうと思っているし、

その気持ちに変わりはありませんが、

 

中学校3年間在籍するということにこだわりすぎて、

自分たちの首を絞めてしまっていたら本末転倒だな

 

とも

思うようになりました。

 

娘の学校は私立中なので、

学校から「退学」を宣告される可能性もゼロではありません。

 

1年以上不登校の状態になっている先輩もいるし、

内部進学ができない場合はあっても、

退学を勧告されることはまずないとは思いますが・・・。

 

でも、それを恐れるあまり、

こちらの意向を伝えにくくなってしまったら

娘にとってマイナスにしかならないはずです。

 

優先すべきものは

 

娘本人の幸せ

 

なはず。

 

先生方と関わっていく上で、

 

ここだけは見失わないように進んでいかなければならない

 

と、

改めて思いました。

 

「人生なるようになる!」

 

そう信じて歩んでいきたいと思います。

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です