【不登校日記】短時間登校復活→でも今後も無理させない!

前の記事はコチラ

 

10月中旬の中間テストが終わった後から

全く登校できなくなっていた娘。

 

テストを頑張った反動の「電池切れ」と思われたので

無理に登校を促さず

 

【不登校日記】予定通りに登校できなくても大丈夫なシステムにしてみた

 

の記事のように

登校そのもののハードルを下げて様子を見ていました。

 

そうしたら!

 

登校できなくなってから2週間ほど経った

先週後半(11月第1週)に

 

「私、学校に行くわ」

 

と自分で言い出し、

その翌日、親同伴の別室登校ではあったものの

 

2時間半もの間、

学校で過ごすことができました♪

 

しかも下校後、

 

「来週もどこかのタイミングで短時間登校しようかな」

 

という発言も!

 

実際、言葉通りに登校できるかは別として

 

自分の力で前に進めた

 

ということを褒めてあげたいです♪

 

今までできていた

「週1~2回の別室登校」ができなくなってしまった時

焦る気持ちがなかったと言ったら嘘になります。

 

クラスに戻る・戻らないについては

それほど重要ではないのですが

(正直そこは「どっちでもいい」と思ってます)

 

登校=娘が家族以外の人と関われる大事な機会

 

という認識があったので、

その機会を逸してしまう事に不安がありました・・・。

 

だけど、

当たり前のことだけど子どもだって

 

息切れして休養が必要な時だってあるはず

 

だし、

家族以外の人との関わりは

 

学校外の人

オンライン

 

だってOKなはず。

 

実際娘は、

小学校時代の友達とLINEで繋がれているようだし、

2日に1度くらいのペースで外に出ているので、

それなりに人と関われている状態。

 

コロナがもう少し落ち着いてきたら、

両親や妹に遊びに来てもらったり、

近くに住んでる知り合いに会ったりと、

 

今以上に人と関わる機会だって作れる

 

と思うし。

 

大人の「こうして欲しい」という理想を押し付けず、

親も「学校に行くこと」だけに囚われず、

広い視野を持って接していきたいです。

 

私も不完全な人間なので

なかなか難しいですが(×_×;)

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です