【テレビなし家庭】NHKの集金人さん来訪→噂と違って全然怖くなかった!

今年の2月にテレビを処分し、

テレビを受信できる環境がなくなったので

NHKとの契約を解除した我が家。

 

このときの一連の流れは

 

【NHK解約】山中家がNHKの受信契約を解約した時の体験談をお話します

 

をご覧ください

 

契約解除そのものは不快な思いをすることなくスムーズに進みましたが、

心の奥底で不安が残っていました。

 

それは

 

NHK集金人さんの噂

 

のこと。

 

ネット上でよく

 

「テレビがない」と言っても信用してもらえない

恫喝まがいの暴言を吐かれる

 

という話を耳にしていたので、

「契約を解除した」と伝えても信用してもらえないのではないかと、

心配でなりませんでした。

 

特に我が家の場合、

NHKとの契約を解除した後に引っ越しをしているので、

そのことも不安材料の1つに。

 

そのような中、

先日ついにNHKの集金人さんが来訪!

 

緊張しながら対応したのですが、

噂と全然違って拍子抜けしてしまいました・・・。

 

 

うちに来た集金人さんは穏やかで丁寧だった

 

うちにいらっしゃった集金人さんは2人連れの男性。

 

インターホン越しに

 

「すみません、NHKです。

受信料契約を結んでいないご家庭に

契約のお願いに回っております」

 

という感じに話を切り出してきたので、

テレビを処分した際にNHKとの契約を解除した旨を伝えたところ

 

「なるほど、分かりました!」

 

という感じの

非常にあっさりした反応が。

 

証拠の提示などを求められるかと思っていたので

逆にこちらが

 

「契約解除の際の書類の控えとか提示しなくていいですか?」

「テレビがないことを確認しなくていいんですか?」

 

って聞いてしまったほど。

 

それについても

 

「あ、特に確認は必要ないので大丈夫です~!」

 

という反応で、

その後、

 

「お忙しい中、対応ありがとうございました!」

 

と、

すぐに帰ってしまいました。

 

噂とは全然違って

全体的にとても丁寧でしたし、

不快な思いをすることは全くなかったので、

良い意味で驚いてしまいました。

 

 

嘘をつかなければ大丈夫なのでは?

 

我が家に来た集金人さんが

偶然「当たり」だっただけなのかも知れませんが、

普通に考えてみると

 

テレビを受信できる環境がない家庭に無理矢理契約を迫る

 

というのは、

一般的におかしい話。

 

ネット上の「集金人さんが怖い」という噂の出所は

もしかしたら

 

本当はテレビがあるのに嘘をついた

集金人さんを煽るような発言をした

 

という方の体験談なのでは?

と感じてしまいました。

 

 

おわりに

 

噂とは全く違い、

とても穏やかで丁寧だったNHKの集金人さん。

 

正当な理由がある場合は全く怖がる必要は全くない

 

ということを

今回の来訪で改めて知ることができました。

 

我が家は

「テレビを観る機会が激減→テレビを処分」

という理由から、

契約の解除に至りましたが、

今後、再びテレビを購入することがあれば

改めて受信契約を結ぶつもりです。

(今のところその予定はないですが・・・)

 

最後になりますが

NHKとの契約については

放送法第64条第1項で

 

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、

協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送

若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを

設置した者については、この限りでない。

 

と定められていますので、

遵守するようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です