【不登校日記】不登校の親は頑張りすぎ?大切なのは優先順位と「まぁいいか」

前の記事はコチラ

 

娘が不登校になって以来、

お世話になり続けている  SC(スクールカウンセラー)の先生。

 

先日のカウンセリングの際、

私は先生に

 

「山中さんは頑張りすぎだと思うよ」

 

と言われてしまいました。

 

それまで

「頑張りすぎている」という自覚が一切なかった私は

その指摘にビックリしたのですが

SCの先生によると

 

「不登校の親御さんは❛頑張りすぎ❜を自覚できていない人がとても多い」

 

とのことで、

私はその例に完全に当てはまっているのだそうです。

 

 

たしかにオーバーワーク気味だったかも・・・。

娘が不登校になった2学期の初めから

これまでの3か月余りを振り返ってみると、

たしかに私の生活は大きく変わりました。

 

日々の仕事、家事、猫の世話に加え、

 

不登校の娘のケア

 

という大きな役割が加わったからです。

 

だけど、

そのことで他の部分にしわ寄せが出ないよう、

 

起床時間を早くする

休養時間を削る

 

などしていた結果、

 

休養時間が明らかに足りていない

オーバーワーク気味になっていた

 

ということに、

SCの先生の指摘でようやく気付くことができたのです。

 

 

物事の優先順位を決めることに

 

オーバーワーク気味になっていたことに

ようやく気付くことができたとはいえ、

 

手を抜くことができないものもある

 

というのも現実・・・。

 

だからと言って

今のままの生活を続けていたら

いずれ

 

心身共に疲弊してしまう

 

のは目に見えています・・・。

 

そこで

日々の「やらなければならないこと」に

優先順位をつけてみることに。

 

私の優先順位

1位・娘の対応

2位・猫の世話

3位・仕事&家事

4位・料理

 

少しでも疲れを感じている時、

優先順位の低いものは

「手を抜く」もしくは「後回し」にするようにし、

物理的な負担を極力減らしてみることに決めました。

 

 

罪悪感が出てきたら「まぁいいか」と唱えるように

 

今まで頑張りすぎていた人が

急に「手抜き」をするようになると

大なり小なり

 

罪悪感

 

を感じてしまうケースは多いようです。

 

私もその例に漏れず

その思いにさいなまれてしまったのですが、

SCの先生は「罪悪感」への対処法も教えてくれました。

 

それは

 

「まぁいいか」を口癖にする

 

ということだそう。

 

 

「まぁいいか」は

「罪悪感を帳消しにしてくれる魔法の言葉」で、

 

罪悪感が湧いてくるたびに声に出して唱えるようにする

 

不思議と気持ちが楽になってくるとのお話でした。

 

 

「まぁいいか」は本当に魔法の言葉だった!

 

どこか半信半疑のまま、

口にするようにした「まぁいいか」という言葉。

 

初めのうちは

特に何の変化も感じなかったのですが、

2日、3日と続けていくうちに

 

頑張らないことに対する後ろめたさが減っている

 

のが

ハッキリと分かるようになりました!

 

むしろ

 

「心と身体が元気でいられるように調整している」

 

と捉えられるようになり、

上手に手を抜くことができるようになったのです!!

 

たった一言のシンプルな言葉ですが

「まぁいいか」の威力を痛感しました。

 

 

おわりに

 

SCの先生に「頑張りすぎ」と指摘されるまで

オーバーワークを全く自覚できていなかった私。

 

あそこで気付くことができずに「頑張り続けて」いたら、

どこかで心身の調子を崩してしまっていたかもしれません。

 

不登校児との対峙は長期戦。

(私は「中学校3年間」は付き合う覚悟でいます)

「優先順位」と「まぁいいか」を大切にしながら、

無理なく「不登校の親」を続けていきたいと思います。

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です