【不登校日記】先輩から学ぶ「不登校でも理科の実験を行う方法」

不登校が日常になった今、

主要教科については、だいたいの勉強が家でできています。

 

が!!!

 

それはあくまで「座学」が中心であり、

「理科の実験」など、

 

体験して学ぶ

 

という機会が

とても少なくなっているのが気になっていました。

 

特に「中学理科」の大きい部分である「化学変化」などは

テキストでの学習ではなく

 

実験を行って体験することで身につく

 

という部分も大きいと思うので・・・。

 

そのような中、

先日、娘と保健室に登校をした時、

娘と同じく不登校中の先輩と遭遇したのですが、

彼は

 

市販の理科実験キット

 

を持ち込んで自主学習を行っていたのです。

 

市販の実験キットは

「自由研究用」という意識が強かったけど、

理科室を使わずとも手軽に実験が可能!な優れモノ。

 

彼が、保健室内の小さなテーブルの上で

黙々と実験に励んでいるのを見て

 

「なるほど!この手があったか!!!」

 

という思いになりました。

 

帰宅後、ネットで検索してみると

 

 

など、

様々なものが販売されているのが分かったので

 

教科書で扱っているテーマに近いものを選べば立派な勉強になる!!!

 

と思いましたし、

 

若干、教科書の内容から外れていても

子どもの知的好奇心を満たしてくれる!!!

 

とも感じました。

 

単調になりがちな家庭学習に取り入れるのもアリだと思ったので、

娘と相談の上、時々使ってみようかと考えています♪

 

キットになってなくても

↓みたいな本を参考にするのもいいかも♪

 

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です