【不登校日記】不登校になりたての時期は「歯」にも注意!!!

不登校になりたての時期、

子どものメンタルは絶不調・・・。

 

そのような時期にこそ気をつけたいのが

 

虫歯

 

です。

 

不登校と虫歯には

もちろん直接の因果関係はありませんが、

不登校初期は

 

虫歯になりやすい環境

 

とも言えるので注意が必要です!!!

 

 

不登校初期は「デンタルケア」が疎かになりがち・・・

 

不登校になりたての時期の子どもは

 

エネルギー切れ

たくさんの不安を抱えている

不眠気味

 

など、

心身がボロボロの状態に・・・。

 

それまでは毎日歯磨きを欠かさなかった子でも、

 

歯磨きの回数が減る

磨き忘れが増える

奥歯などを十分に磨けない

 

など、

デンタルケアが不十分になってしまうことも・・・。

 

この状態が一定期間続いてしまうと、

あっという間に虫歯が進行。

 

うちの娘の場合、

完全にこのパターンに当てはまってしまい、

歯に違和感を覚えて歯医者さんを受診した時には

神経を抜かなければならないほどの重度の虫歯に!!!

(痛みが出なかったのが奇跡だったほどです)

 

歯の神経を抜く治療は、

痛みを伴う上に、治療期間も格段に長くなるため

心身共に負担が大きくなるもの。

 

このような事態を招かないためにも

 

不登校になりたての時期ほどデンタルケアも大事!

 

ということを意識しましょう!

 

 

手軽なデンタルケアグッズを活用するのも◎

 

子どもが小さい場合は

保護者の方が声をかけたり、

毎日「仕上げ磨き」をするなどの対処ができますが、

ある程度大きくなった子どもに対してはそうもいかないもの・・・。

 

特に、メンタルが不安定な状況下では

「丁寧な歯磨き」を求めるのも現実的ではありません。

 

このような場合に活用したいのが

市販のデンタルケアグッズ!

 

特に「すすぐだけ」でケアができる

↓のような商品は虫歯予防に最適!!!

 

 

私も、娘のために

早めに購入すればよかったと後悔しています。

 

 

メンタルが落ち着いたら症状がなくても「歯科検診」を!

 

不登校になって、心身ともに辛いのは最初のうち。

 

不安定だったメンタルが落ち着いてきたら、

特に症状がなくても「歯科検診」をするのがおすすめ!

 

うちの娘の場合、

学校の歯科検診では異常がなかったため

歯に違和感が出てからの歯科受診だったのですが

 

症状が出る前に歯科を受診していれば

神経を抜かなければならないほどの状況にならなかった

 

と感じています。

 

うちの娘のような状況にならないために、

 

適切なデンタルケア

症状がなくても歯科検診

 

を心がけ、

健康な歯を保つようにしましょう!!

 

 

前の記事に戻る次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です