【不登校日記】不登校児が5月病を防ぐ方法をSCの先生に教わりました

新年度が始まると、新しい環境に適応しようと、

子ども達は知らず知らずのうちに頑張ってしまいがちに。

 

それは、現在不登校中のうちの娘も例外ではなく、

本人が「普段通り」に過ごしていたつもりでも

SC(スクールカウンセラー)の先生に

 

「少し頑張りすぎているね」

 

と言われてしまったほど。

 

 

頑張りすぎは「5月病」の原因にも・・・

 

自分でも気づかないうちに

頑張りすぎてしまいがちな新年度。

 

そのまま疲れが蓄積されたまま過ごしてしまうと、

GW明けなどによく見られる

 

5月病

 

などの原因になってしまい、

心身ともに辛い状況に陥りかねません。

 

ただでさえストレスを抱えやすい不登校児ですが、

それが悪化してしまうのは、何とかして防ぎたいもの。

 

そんな私たちに

SCの先生は次のようなアドバイスをくれました。

 

 

頑張るのは「全力の6~7割の力」がベスト!

 

新年度、自覚がないままに頑張り過ぎてしまっていた娘に

SCの先生がくれたアドバイスは

 

全力で頑張り続けるのは「心の疲れの原因」になってしまうから、

発揮するのは、その6~7割くらいの力がちょうどいいよ

 

というもの。

 

「少し物足りないな」と感じるくらいの

「余力」を残しておくのがポイントだそうです。

 

 

「短距離走」ではなく「マラソン」をイメージすると〇

 

確かに「不登校」との付き合いは

「マラソン」のような長い道のり。

 

そこを全力で走ってしまったら、

途中でバテてしまって完走できなくなってしまいますが、

余力を残しつつ、程よいペースで走り続ければ

ゆっくりではあるけれど、ゴールできる可能性は大幅にUP!

 

どうしても「全力」を出してしまいがちな新年度ですが、

子どもに少しでも「疲れ」の様子が見えているようであれば、

それを軽視せず

 

「無理しすぎてない?」

「自分のペースでいいんだよ」

 

と声をかけてあげるのは

とても大事なことなのだとSCの先生のお話を聞いて感じました。

 

それが「5月病」を防ぐ、

シンプルかつ最善な策なのだと思います。

 

 

前の記事に戻る⇔次の記事へ進む

 

不登校日記トップへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です