【学習科学論文紹介】通常の対面授業と、一部をオンライン授業にしたブレンデッドラーニングとでは、学習効果に差は出ない【信頼性・根拠のある育児・子育て・教育】

親・保護者、教師・教員にとって育児・子育て・教育に役立つ知見を、

信頼性の高い学術論文から選定して紹介していきます。

個人の体験談や、主観的に偏った意見ではなく、

極力、客観的で信頼性の高い根拠を含む情報をお知らせしていきます。

 

本記事では、対面授業と反転授業との比較に関する研究をした

論文の紹介をします。  

 

用語解説:

反転授業とは、学習者の学習の一部をオンライン動画の視聴による

学習などに置き換えるという教授法のことです。

ブレンデッドラーニングは反転授業を含む、

対面授業とオンライン学習をブレンド(混在)させた教授法のことです。  

 

Facilitating flexible learning by replacing classroom time with an online learning environment: A systematic review of blended learning in higher education Claude Müller, Thoralf Mildenberger Educational Research Review Volume 34, November 2021, 100394 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1747938X21000178  

 

まずは論文の内容について解説します。

 

研究目的

教室での学習時間をオンライン学習環境に置き換えることの

影響を調査すること。  

 

研究方法

メタ分析によるシステマティックレビュー。

研究デザイン、学習成果の測定、ブレンデッド・ラーニングの

実施に関する厳格な対象基準を適用。  

 

研究結果

推定された効果量(Hedge’s g)は、

信頼区間[-0.13, 0.25]でゼロとは有意に異ならないものの、正の値。

 

ブレンデッド・ラーニングと従来の教室での学習との間の全体的な差は小さく、

せいぜいごく小さな負の効果か、中程度の正の効果。

つまり、差はない、ということ。

 

ただしブレンデッドラーニングでは、

教室での学習時間が対面授業と比べて30~79%減少したにもかかわらず、

対面授業と同等の学習成果が得られたということになる。  

 

本研究結果を受けての感想・コメント

・メタアナリシスを用いた研究なので、

実証研究1本の結果よりも主張の妥当性が高いと言えます。

 

特に論文の選定条件が厳しめなので、

変な論文が混ざっていない結果になっていると言えそうです。  

 

・「反転授業は対面授業よりも学習効果があった!」

「オンライン学習よりも対面授業の方が効果があるに決まってる!」など、

偏った結論を出したがる単一研究の論文や報告とは異なり、

それらを全部まとめてみた結果、「効果は同等」となっているので、

信ぴょう性は高いのではないでしょうか?

 

・一方で、オンライン学習の組み込み方などによって、

オンライン学習の効果が異なる、という可能性もあるため、

今後はその点をより深堀りしていく必要がありそうだと思います。

 

結局、オンライン学習にも対面授業にもそれぞれメリット・デメリットがあり、

そのメリットを最大限に引き出して、デメリットを

最小限に抑える方法を見出すのが最終的なゴールになるのではないでしょうか。  

 

最近よく見る主観的な感想的な意見としては、

授業中での解説・説明は動画などの形にしておいた方が、

学生にとっては復習がしやすい、というのは直感的にも賛成できます。

 

一方、少々複雑な内容の説明・解説を個人的に行う場合には、

オンラインよりも対面の方が効果が高そうにも思えます。

 

学生同士が集まって議論・討論する、といった場合は、

対面の方がよさそうな気もしますが、

例えばZoomというソフトのブレークアウトセッションという機能では、

席の移動なしに学生を数人ずつのグループに分けて、

画面上で資料を共有しながらディスカッションをする、

といったことが容易にできてしまいます。

 

便利に使えるものは積極的に使っていく方が、

結局は総体的に見て教育効果・効率は高まっていくように思います。

 

 

他の論文紹介記事はこちら

 

【広告です】 英語学術論文の読み方に関するおすすめ書籍へのリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です