書くことが理科・社会・算数/数学の成績を向上【信頼性・根拠のある育児・子育て・教育・学習科学論文】

本記事では、書いて学ぶと理科・社会・算数/数学の

成績が向上する、という結果を示したメタアナリシス論文を紹介します。

 

The Effects of Writing on Learning in Science, Social Studies, and Mathematics: A Meta-Analysis

Steve Graham, Sharlene A. Kiuhara, Meade MacKay

Review of Educational Research 90 (2), pages 179-226.

https://journals.sagepub.com/doi/full/10.3102/0034654320914744

 

研究目的

理科、社会科、算数/数学の教材について生徒が「書くこと」で学習が促進されるかどうか、

を明らかにすること。

 

研究方法

メタアナリシス(56実験)

1年生(小1)から12年生(高3)の生徒を対象とした論文で、

「書くことで学ぶ」活動が指導の一部であったもののみを対象。

天井効果が影響しそうなデータは排除。

 

*天井効果とは、満点を取ってしまうようなデータが多く含まれる場合、

統計解析上、正しい統計・推定ができなくなる可能性がある場合のこと。

 

研究結果

内容について「書くこと」は確実に成績向上効果を高めた(効果量=0.30)。

また、理科、社会、算数/数学の学習について、

小学校・中学校・高校の学習の向上にも同様に効果があった。

 

「書くこと」による成績向上効果は、

ライティング活動、指導、評価の特徴に影響されることはなかった。

 

さらに得られた効果のばらつきは、研究の質や特徴とは無関係であった。

 

本研究結果を受けての感想・コメント

・今回の論文はメタアナリシスを用いた研究なので、

単発実験での結果よりも信頼性が高い結果だと思われます。

 

・論文の選定条件も結構厳しく設定しているので、

メタアナリシスとしての厳格さ・信頼性もそれなりにありそうな気がします。

 

・「書く」「ライティング」といった、「書いて学ぶ」という手法で

学習がうまくいく、というのは、直感的にも賛成する人は多い気がします。

 

その直感が正しそうだ、という結果を示してくれたのは、面白いところかと思います。

 

さらには、「書く」という活動や指導の方法がどんなものでも関係なく

成績向上効果が見られた、というところを考えると、

結構学習促進効果は強そうな気がします。

 

また、社会科のような記憶・暗記系の要素が大きい科目だけじゃなく、

理科や算数・数学系にも「書いて学ぶ」が効果があるということは、

暗記系だけではなく、理解系の学習にも「書く」が効いている、

ということを示しているかもしれません。

 

・以前、学習方法についての工夫といった要因よりも、

成績向上には「やる気」が強く影響する、という論文を紹介しました。

【論文紹介】子どもの勉強に対するモチベーション/やる気の維持が最も成績を高める【信頼性・根拠のある育児・子育て・教育】

一方、勉強方法の工夫が成績向上に役に立たない、

というわけではないことを示す研究結果も多く出ています。

 

今回の論文では、「書いて学ぶ」と成績が上がる、

ということが示されましたが、

だからといって「書いて勉強しろ」と頭ごなしに子どもに強制して、

子どものやる気を削いでしまったら、

それは本末転倒、成績が上がることはないのではないか、と思います。

 

まずは子どものやる気優先で、やる気が出てきたら、

「書いて学ぶといいらしいよ」とアドバイスしてあげる、

といった流れが理想的、となりますでしょうか。

 

 

他の論文紹介記事はこちら

 

【広告です】英語学術論文の読み方に関するおすすめ書籍へのリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。