【愛煙家の保護者必見!】禁煙はお得!教育費も家族のレジャーも「やめたタバコ代」で賄えるかも!?

あなたは1ヶ月にどれくらいのお金を
「タバコ代」として使っているか知っていますか?

 

お店や自動販売機で購入するときは
「ワンコイン」程度の負担で買えてしまうので実感しにくいかもしれませんが

実は、タバコを吸っているだけで、
驚くほどたくさんのお金を使ってしまっているのです・・・。

 

 

何気なく吸っているタバコも積もり積もれば・・・

 

 

ここでは、非喫煙者にも名前が知られているほど
非常に有名な銘柄である

 

セブンスター

 

を例に、
どれくらいのお金を使ってしまっているのか考えていきましょう。

 

セブンスターの1箱の値段は500円です(2019年7月現在)

これを毎日1箱吸っていると仮定すると・・・

 

500円×30日=15,000円
→1ヶ月にかかるのは15,000円!!!

 

これをさらに長期的に見ていくと

 

1年だと

15,000円×12ヶ月=180,000円

にものぼり、

 

10年ともなると、

180,000×10=1,800,000円

と、

車が一台買えてしまうような金額に・・・。

 

これはセブンスターを1日1箱吸っている場合の例なので、

 

セブンスターよりも高額なタバコを吸っている
1日に1箱以上吸っている
夫婦のどちらかではなく両方とも吸っている・・・

 

という場合は

タバコにかかっているお金は、
ここでの試算よりもはるかに高額になってしまいます!!!

 

もし、喫煙者の方で
今現在、

 

「教育費が足りなくて困っている」
「子どもを大学進学させるのは金銭的に厳しい」
「家族で旅行に行きたいけれどお金がかかるから諦めている」

 

というお悩みを持ってるのであれば

 

タバコをやめる、
せめて1日の量を減らす

 

というだけで、
その悩みは解決できてしまうかも知れません。

 

 

タバコをやめれば医療費削減も期待できる!

 

 

タバコ=肺がんのリスクが高くなる

 

というイメージを持っている方が多いかと思いますが、
実は、それだけではなく

 

口腔・咽頭がん
喉頭がん
鼻腔・副鼻腔がん
食道がん
胃がん
肝臓がん
膵臓がん
膀胱がん
子宮頸がん

 

と、
こんなにも多くのがんになりやすくなる可能性が示されています

 

また、がんだけではなく

 

脳卒中
ニコチン依存症
歯周病
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
呼吸機能低下
結核
虚血性心疾患
腹部大動脈瘤
末梢性の動脈硬化
2型糖尿病の発症
早産
低出生体重・胎児発育不全

 

などのリスクも高まることに・・・。

 

【参考】

たばことがん もっと詳しく知りたい方へ(国立がん研究センター)

 

このような病気になってしまった際、
無視できないのが

 

高額な治療費

 

の事。

 

「がん」を例にして考えてみると、
治療にかかる一般的な金額は

 

100万~200万円くらい

 

と言われているそうです。

 

【参考】
がん治療にかかるお金の「支出と収入」 預貯金はいくらあれば安心?

 

でも、これはあくまで「一般論」なので、
がんのステージや選択する治療内容によっては
これよりも高額になる場合もあり得ます。

 

もちろん、タバコを吸っていない人でも
がんになってしまう場合もあります。

 

ですが!!

 

タバコを吸っているというだけで
がんになってしまう可能性は格段にアップしてしまうのです!!!

 

逆に言えば
今からでもタバコをやめれば、
がんをはじめとする様々な病気にかかるリスクを減らすことが可能に!

 

将来の医療費負担を減らすために、
今日からでも

 

禁煙

 

をするのが「お得な選択」かも知れませんよ!

 

禁煙外来は条件さえ満たせば健康保険が使える!

 

 

禁煙をしたいという気持ちがあっても

 

「誘惑に負けてしまいそう」
「今までに何度もチャレンジしたけれど失敗してしまった」

 

などの理由で、

 

自力での禁煙に自信がない・・・

 

という方もいらっしゃるかも知れませんね。

そんなあなたにおすすめしたいのが

 

禁煙外来の受診

 

です。

 

「禁煙外来って高額なのでは?」
「保険がきかないんでしょ?」

 

というイメージを持たれがちな禁煙外来ですが、

 

一定の条件さえ満たせば健康保険が適用され、
3割負担での治療が可能になるのです!!!

 

3割負担の詳しい条件や治療費の目安は以下のサイトに詳しく載っているので
ぜひチェックしてみてください★

 

禁煙外来とは?(すぐ禁煙.jp)
禁煙外来っていくらかかる?(すぐ禁煙.jp)

 

 

市販の禁煙補助薬を正しく使うのも手

 

 

「病院に頼らないで禁煙したい」
「まずは自分でチャレンジしてみたい」

 

というあなたには

 

市販の禁煙補助薬の利用

 

が、
禁煙成功に一役買ってくれるかもしれません。

 

ニコレット

ニコチネル

 

このような禁煙補助薬を正しく使って
禁煙成功を目指してみてくださいね♪

 

★広告★

 

 

 

おわりに

 

 

愛煙家にとって

「タバコをやめる」

という選択は、
非常に苦しいものかもしれません。

 

ですが、
「禁煙」をする事によって

 

タバコを吸い続ける事でかかる高額なお金を節約できる

がんをはじめとする多くの病気にかかるリスクを低下させ、
結果的に「医療費削減」につながる

 

など、
家計のみならず健康面についても良い事ばかり!!!

 

これを機会にあなたも「禁煙」に挑戦してみませんか?
きっと後々

 

「あの時、禁煙を決意して良かった!」

 

と思えるはずですよ★

 

 

【関連記事】

 

【読書好き必見!】名作が無料で読める『青空文庫』って知っていますか?

 

【読まなきゃ損!】あのマンガは「子育て」に役立つ情報が満載!【意外な作品】

 

【しつけが楽に】NGワードをOKワードに変えるだけで親子関係改善

 

ほめると子どもはダメになる?科学的データに基づく結論

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です